NewPCライフへ JUMP

8月からブログ名変更しますたっ 旧名「よりPCに↗ 大プロジェクト↺」。PC関係の話題を、さらに充実させていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Willcom 03

Willcom 03を体験しました。W-ZERO3 es・アドエスを持っている管理人としては、これまた触ってみたい機種でした。(D4よりも)で、やっと触れる機会がありましたので、感想をメモとして書き込んどきます。

注意:あくまで管理人の個人的な印象です。

1.やっぱりボタンは必要か!?
2モードのイルミネーションキーは使いやすいという印象が受けれなかった。なにしろ、ボタンと違って押したという感覚がなく、画面が動いたのを確認してやっと押したという気持ちになり、なんか微妙。これはなれが必要かもしれないし、アイディアはいいと思う。ただ、この革新的なキーによって使いやすさが損なわれるのであれば、やっぱり評価は下がると思う。

2.タッチパネルが。
フルフラット・サーフェースというデザインを実現するためには必要だったのかもしれないけど、タッチパネルのタッチ感覚がなにか変。ディスプレイと表面の空洞があるみたいに感じてしまい、アドエスまでとは一味違う。アドエスまでの機種を使っていた人にとってはこれは大きな障害となってしまいそう。こちらも慣れが必要。

3.ワンセグも

ワンセグ標準搭載は非常にうれしい。ただ、録画機能はほしかったのが本音。録画がないとなんかせっかくのワンセグも活用方法が半分以上失った気分になってしまう・・・。

4.ケータイShoinは

ケータイShoinの搭載は、「シャープ製」というのがわかり、使いやすい。ATOKは変換一覧を下に長細くたくさん表示してくれるのに対し、結構スペースをとり、ゆとりを持って表示するケータイShoinは、少し無駄なイメージが。ダイヤルキーモードだとさらに。


5.最後に。
正当進化系なのは100%以上伝わるが、逆に使いやすさが損なわれている気がする。あくまで個人的な意見だけど、すごい使いやすくなったという期待はしないほうがいいのかもしれない。
そらなら、アドエスのようにボタンにして、サイズを大きくして、その分カメラを高機能化したり、今度は指紋認証とか自分を撮影するためのサブカメラとか、機能強化がされたハイスペックなスマートフォンがあってもいいと思う。今後に期待したい。


6.おまけ
イルミネーションキー自体は押しづらいが、ダイヤルキーモードでのディスプレイに表示されるカーソルキー類はイルミネーションキーよりは押しやすい。ということで、管理人の意見というより提案だが、こんな機種はどうだろうか。

Willcom 03-1

ディスプレイ面を大きなタッチパネルにし、WindowsMobileのサポート範囲の800×480ドットを普通の操作ディスプレイ、残りをイルミネーションキーのように操作できるようにするというわけです。多分技術的に困難(不可能かもしれない)か、できてもコスト的に困難だったもしれませんか、これにすることでフラットかつ便利になるのでは。少なくても、タッチイルミネーションキーより使いやすくなる気がします。また、タッチパネルをキーとして使うため、フリーモード見たいのを追加して自由に書いたり文字パットとして利用したりすると、スマートフォンとしても電子辞書としても使いやすくなるのではないでしょうか。

クリックをよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:WILLCOM 03 - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nazosanblog.blog35.fc2.com/tb.php/87-53fb6e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。