FC2ブログ

NewPCライフへ JUMP

8月からブログ名変更しますたっ 旧名「よりPCに↗ 大プロジェクト↺」。PC関係の話題を、さらに充実させていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Vista & 2007 Microsoft Office System

さぁ、あと3週間ちょっとで、コンシューマ対象のWindows Vistathe 2007 Microsoft Office systemの発売から1年が過ぎる。今日の記事は、これらメジャーバージョンアップされた2つの製品を同時に使うとどうなるかを記事にしてみた。

Windows Vistaを初めて見た人は、びっくりするでしょう。
Windows Aeroといわれる新しい半透明のインターフェイス、ClearTypeがめちゃ聞いたなめらかなメイリオフォントなど、注目する点はたくさんある。こういう点をお店の人はどうかと押し付け、最終的にVista搭載パソコンを買わせているという点もある。
一目見ただけではわかりずらいが、セキュリティ機能も進化している。WindowsXP SP2(セキュリティ強化機能搭載)で提供されていたような機能も装備し、さらに、ユーザーアカウント制御(UAC)が搭載され、安全面では強化されてはいたものの、UACを煩わしいという人も多く、賛否両論だ。(機能を停止させる方法は簡単だが)

このため、動作が不安定になり、受け入れにくいOSとも言える。

SP1では、動作の改善を主な視野に入れているため、少しは良くなるらしいが。

一方の2007 Microsoft Office system
リボンといわれるタブのインターフェイスで、操作方法を一から学ぶ必要がある。
簡単にアクセスできると言えばそうなのだが。オフィスボタンの採用で、
XP環境ではLunaスタイルを維持することができず、独自のインターフェイス(少し違うスタイル)になっている。
Vista環境では、WindowsAeroの場合、オフィスボタン・クイックアクセスツールバー以外のウィンドウの縁に半透明がかかり、Aero以外では、XPと同じだと思う。

新しいXMLベースの文章フォーマット「Microsoft Office Open XML」を採用。Opne Document Format for Office Applicationに対抗する形で生まれ、Officeアプリケーションがない環境でもファイルの読み書きが可能。拡張子の最後に「x」が付きます。マクロファイルには「m」が付き、区別はしやすくなった模様。

組織図などを更に見栄え良く作ることができる「SmartArt」や、デザインなどを選択している途中で一時的に切り替えることができるライブプレビュー等で、早く見栄えが良いドキュメントを作成できる。グラフもハイカラー用になり、大胆な配色は廃棄された。

だが、機能的には今までにない大革命を行った反面、全体的にアプリケーションの動作が鈍くなり、WindowsVistaと組み合わせるとさらに悪くなる模様。

SP1で動作も快適になり、標準で「Microsoft Office IME 2007」の辞書修正ができるようになった。



徐々にランキングアップしていますが、今日もよろしくお願いします。
ワンクリックにご協力を。


それから、WindowsVista Ultimateはいかが?(前機能搭載版ですよ。)
Microsoft Windows Vista Ultimate 通常版 (その場で1,000円割引き)Microsoft Windows Vista Ultimate 通常版 (その場で1,000円割引き)
(2007/01/30)
Windows

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nazosanblog.blog35.fc2.com/tb.php/7-4df27c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。