NewPCライフへ JUMP

8月からブログ名変更しますたっ 旧名「よりPCに↗ 大プロジェクト↺」。PC関係の話題を、さらに充実させていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Officeソフト 何を使ってる?

文章を作成する文書処理ソフトウェア(ワープロ)、数値処理やグラフを作成できる表計算処理ソフトウェア(表計算ソフト)、プレゼンテーションをするためのプレゼンテーションソフトウェアからなっているオフィススイート。データベース処理ソフトウェアや図形処理ソフトウェアも含まれていることが多いのだが、これらのオフィススイートは依然、MicrosoftOfficeが市場を独占した形となっている。そのことについて、今日は記事にしたいと思う。

KingsogtOfficeを紹介していたとあるページでの説明をじっくり読み、ホントと思ったことや、ちょっと違うんだけど、と思ったことが数か所ありましたので、記事にしたいと思います。

ここで「ご存じですか?知らないうちに「買わされている」高額なオフィスソフトの実態」とありますが、「買わされている」という表現が突っかかってしまいました。はぁ?と思ったのです。買わされているわけではなく、ユーザー自身が買ってるのです。べつに必要なければ買う必要がないし、機能は限られてきますが、別に標準のワードパットでもいいことなのです。しかし、会社の文書を家で編集とかすると、必要になるから買ってるのです。それにプリインストールPCを選ぶ人もほしいから選ぶということ。電気屋とかで店員がお勧めとか言って高額なPCを買わせることもありますが、買うといった人がそれがいいから買うといこと。別に使わない人は買ってないから、「買わされている」というのは、大げさでしょう。
それと、「2-3年おきに新規で購入しなおさなくてはいけない」というのは、大嘘です。パソコンは4・5年ぐらいが普通でしょう。2・3年すれば買い替えるというのも最近では多いですが、この場合で見ていきましょう。2003年にWin2000を買ったとします。そして2007年にWinXPパソコンに買い替えたとします。そしてMicrosoftOffice2003が手元にあるとします。Win2000にはインストールして、3年後に購入のWinXPパソコンにもインストールします。ちゃんとインストールできます。先ほどの説明(2-3年おきに新規で購入しなおさなくてはいけない)はこの場合だと全く嘘です。また、Vistaでも同様です。Office2003はVistaにもインストールできるのです。つまり、「2・3年で新規に購入しなおさなければいけない。」というのは間違いであることがお分かりになられましたでしょうか。
また、いつまでも古いバージョンを使うとかはふつうはやりません。古い環境用に作られており、ハイカラーが主流になった今、1997年とかの古いOfficeを使おうと思っているこそおかしく、最低でも10年過ぎたらOfficeを買い替えるのが普通です。だってパソコンだって10年使えば普通買い替えるでしょ。

補足!!
Office2000・XPは、残念ながらWinVistaの動作保障はされていませんが、私の実験ですけど、手元にあったOffice2000は無事インストールできました。一応問題なく動いていま。ですが、動作対象外ですので、自己責任でお願いします。

次に、「MSオフィスは発売後、約2年ごとにバージョンアップしており、そのたびに旧バージョンのサポートを打ち切ります。」とありますが、実際どうでしょう。約2年では登場しませんでしたが、Office2007がメインの2008年、一応5年前のOffice2003はサポートされていますし、サービスパックとか言って騒いでますね。この記事の作成日にもよりますが、今現在では嘘です。Office2003は小中学校でも結構使われており、Microsoftはサポートの打ち切りなんてするわけありません。安心してくださいね。

それに、「具体的な使い勝手が向上している訳でもないのに、2-3年おきにオフィスソフトを3-4万円出して購入しなおす必要を強いられる」これはないでしょう。あまりにもOfficeを知りなさすぎです。KinsoftOffice2007のことについて言っていますので、MicrosoftOffice2007のことを知ってて当然です。知ってると、先ほどのようなことを堂々とWebページに書くことはできないはずです。Office2007では、「具体的に使い方が向上しすぎて、逆に違和感がある」といっても過言ではないほど進化されているのに。詳しくはここを!!
「この構造は全く持って異常」といっていますが、「この記事を作成した人こそがOffice2007を知らなさ過ぎて異常」ともいえるでしょう。すみません。ちょっと言い過ぎました。ごめんなさい。

「KSOは、セルの背景色・文字色などの指定やフォントサイズの変更に関しても瞬時に反応します。」だって。う~ん、管理人はダメだった。OS起動してから最初の起動時にこれを行うと、固まるんだよね~。まぁ、MSOffice2007も固まるけど。でもOffice2003辺りまでは遭遇しなかったね。OpenOfficeでも固まった。やはり、オフィスソフト全体の体質なのか? 機能を詰め込みすぎた最近のオフィスソフトにありがちなことか?

「不必要な機能を省いたシンプルさ」ともありますが、私はそう思いません。検索バーがあったり、インターフェイスを2種類用意したりと。MSOfficeは1種類しかないですし、2種類あるKOSは、MSOfficeスタイルか否かの話です。MSOfficeに操作感をそろえているならば、1種類でいいのではないでしょうか。

「笑っちゃうくらい高い完成度だから、使ってみてよ」たしかに高いですが、これから主流になってくると思われる、OpenXMLのファイル(docx,xlsx,pptx)に対応していないので、笑うほどまではいきません。ですが、従来のバイナリ形式のファイルの互換性はほめてもいいのではないでしょうか。この調子でOpenXMLにも対応してくれたら、文句ないのに。あっっ、それからOpenDocumentFormatも。

長くなりすぎました。あるページの製作者。悪く思わないでくださいね。
クリックもお願いします。最近oskaが含まれているIPからのへんなコメントがおおいなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nazosanblog.blog35.fc2.com/tb.php/46-415e1dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。