NewPCライフへ JUMP

8月からブログ名変更しますたっ 旧名「よりPCに↗ 大プロジェクト↺」。PC関係の話題を、さらに充実させていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモリ使用率

WindowsVistaでは、システム自体のメモリ消費量が多く、推奨条件である1GBでは、足りない場合があります。特にメーカー製のプリインストールパソコンの場合、消費率が多いと思います。

なぜでしょう。

メモリ使用量が多くなる原因
1.ウィルス対策・パーソナルファイアウォールソフトなど
2.普段はあまり使わないプログラムが起動してあること。

だと管理人は思います。1番はPCの安全を守るには必要ですが、2番は減らせそうです。普段あまり使わないプログラムとは、たとえば、購入時から勝手についてきたソフト。このソフトの中には常用型のが結構あり、そのプログラムがメモリを消費しているのです。また、たまに使うと思ってインストールしたソフトも中には勝手に起動していてメモリを消費しているかもしれません。プログラム単体のCPU使用率0%という数字を意識しがちですが、メモリのほうを意識したほうがいいかもしれません。CPUは相当同時にタスクを実行するか、ファイル変換・バックアップをしない限り100%になりませんし、そこまで意識する必要もないのです。実は、メモリのほうが意識しないといけないかもしれないのです。2・3GBぐらい積んでるPCでは意識しなくてもいいですが、メモリの空き容量が不足すると、ファイルの上書き保存ができなかったり、急に動作が遅くなる可能性も出てきます。

ウィルス対策ソフトなどのソフトはメモリを食いやすいですが、ブラウザソフトでも実は食いやすいのです。余分なプロセスを停止し、快適生活を送りましょう。

注意(←ソフトバンクの絵文字って、滑らかさが欠けてるなぁ。まぁ、ドコモのよりはいいけど。)
プロセス等を終了したりすると、動作が不安定になったりする場合があるので、自己責任で行いましょう。スタートアッププログラムから外す時も自己責任で行いましょう。こちらの場合、下手するとOS自体が起動しなくなる場合があります。

クリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:Windows Vista - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nazosanblog.blog35.fc2.com/tb.php/31-fa34f52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。