NewPCライフへ JUMP

8月からブログ名変更しますたっ 旧名「よりPCに↗ 大プロジェクト↺」。PC関係の話題を、さらに充実させていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the 2007 Microsoft Office system

今日はOffice2007についてです。

Office2007では大胆すぎる変更を行いました。リボンやらOpenXMLやらテーマやら配色やらSmartArtやら。
今日はそれらの一部についてお伝えします。続きはまた今度

今日は見た目だけ。
目を引くのは、タブみたいになってるこのインターフェイス。これが、噂のリボンである。タブのようになってる所に項目がいくつかあり、ここを押して目的の機能へアクセスする。写真をどうぞ。

Office 2007 Shot1


それから、このリボンなんですが、いままでのようなプルタウンメニューでのインターフェイスとは270度ぐらい反転してますので、また一から覚えなおす必要が。
でも、逆にOffice2003までをあまり使ったことがない人には、こちらをお勧めする。これからMicrosoftが発売するOffice製品は当分このリボンインターフェイスを採用する可能性のほうが高いから。
さらに、こちらのインターフェイスだと従来のように隠されていたりしないので、わかりやすいと思う。必要な機能のみ現れ、必要なときのみ現れたりするからだ。関係ない機能のみを隠すため、私は非常に気に入っている。逆に、Office2003に戻ってみると、どこにあるのかわからなくなるから。
学習する必要はあるけど、今まで隠れていた機能を発見したりできて、楽しいと思うようになる時もある。
こんなインターフェイスこそ、次世代にふさわしい。
いつまでの昔のままでとらわれず、時とともに進化していくのだから、Officeの進化は当たり前といえば当たり前なのだ。

少し話はそれるが、他のオフィスソフトと比べよう。OpenOfficeやKingsoftOfficeなどのその他のオフィスソフトは、大抵の場合MicrosoftOfficeを真似し、そこに自社独自の機能を追加しているケースが多い。OpenOfficeの場合、少し機能面に乏しいが、どれもMicrosoftOfficeの機能を真似しているので、真似されている側として考えてみれば、どう思うのだろう。そういう思いが今回のリボンというインターフェイスの開発につながった理由の一つなのかもしれない。だが、このリボンインターフェイスを他がまねするまでの期間はそう長くないはずだ。それに、真似をするしないに問わず、MicrosoftOfficeをユーザーたちが買い続けるという補償もできない。私の記事を読んでる人の中には、別のオフィスソフトを使っている人もいるだろう。その人たちの中には、リボンインターフェイスを嫌ってる人もいるだろう。その他オフィスソフトの今後の動きに注目したいものだ。

この大きな革命こそ、Microsoftがモットーにしていた「目的志向のインターフェイス」となって大きく結果を出したのだろう。

長い文を最後まで読んでくれましてありがとうございました。べつに私が思ったことなので、それが本当なのかは自分の判断に任せます。それに、文中に変な表現があるかと思いますが、その場合は、無視してください。

最後に・・・
クリックをよろしくお願いします。拍手もできればお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nazosanblog.blog35.fc2.com/tb.php/12-9ad7de60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。