NewPCライフへ JUMP

8月からブログ名変更しますたっ 旧名「よりPCに↗ 大プロジェクト↺」。PC関係の話題を、さらに充実させていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7のリリース日について。

Windows7を正式に発売するのは、2009年のホリデーシーズン前になりそうです。
なるかどうかは、わかりませんが、すくなくてもMicrosoftはホリデーシーズンに出荷されるPCにはインストールされるように、開発・準備を進めているそうです。

WindowsVistaの発売が長々と延期された以上、100%信じる気には絶対なりませんが、2010年より前に発売されることは何よりだと思う。あわてすぎて、また不安定な製品にならなければいいのだが。

たぶん、2009年の1月中にβ1をだすぐらいのペースじゃないと、厳しいんではないでしょうか。
やっぱβ1からβ2はある程度の期間がほしいと思うし、RC1もあるのですから。

まぁ、こうしている間も、少しでも早くリリースできるようにがんばっているMicrosoftの開発者たちがいっぱいいると思いますが。

Windows 7は2009年の中ごろに完成と公式発表 : Gizmodo Japan
「Windows 7」は2009年のホリデーシーズンが目標--マイクロソフト幹部が示唆 - OS/プラット - ZDNet Japan

クリックをよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Windows7

Windows7の話が、だいぶ盛り上がっています。あれだけ苦情の多いVistaの次のOSとあって、注目されるのは当然といえば当然なのですが、内容は、大体みんな同じようなものなんですよねぇ。

パフォーマンス向上。
新しいタスクバー

とかとか。

特にパフォーマンス向上については、もうVistaなんて比べ物になりませんよみたいな感じになっていますが、実際に登場するものはどんなんでしょうか。この前のPDC2008で配布されたPreBateは、新しいタスクバーやスタートメニューなどなど、結構一般的な人には目玉という機能を搭載しておらず、実際のパフォーマンスが知りたいと思う方も結構いると思います。PDCでのデモ快適だから。とかいって本物も快適なんだろうなぁって思っている人、Vistaの最初のデモも、結構快適に見れたんですよねぇ。

それに、そのような快適なOSが出来たら、Vistaの後のMicrosoftにとっては、まさに夢のOSといっても、過言ではないでしょう。
こんだけいいとこ尽くしだと、怪しんでしまうのですが。Vistaのせいもあって。

クリック、よろしくです。

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

WindowsXP SP3

久しぶりになります。ゴールデンウィーク中、まぁ休みということで更新をサボらせていただきました。勝手ながらご理解のほどお願いします。(なんか怪しい。)

さて、そんなGW明けに、WindowsXP SP3が公開されました。
米国時間では、6日なのですが、日本時間だとね。

ですが、いくつか問題がある模様。
IE7のアンインストール問題とかね。

で、なんでMicrosoftはIE7を削除できないようにしたのかは不明だけど。
そんなメンドイことしなくてもいいのでは。
問題は、IE8ベータ版ユーザー。IE8でも削除できなくなるようで。特にベータ版の今には不適切なような気が・・・。

ということです。まだ管理人も様子見です。
様子見が無難かも。別に適用しなくてもいいと思うし。

クリックよろしくお願いします。

テーマ:WindowsXP - ジャンル:コンピュータ

XP SP3はどうなってるの?

ほんとどうにかしてほしいな。Microsoftを。
Vistaの発売は延期しといて、XP SP3まで延期とか。
ふざけるなって感じ。

ほんと、まぢテンション下がるはぁ↓↓。

だけど、なんでそんなにトラブルが起きるのだろう。それも提供するすぐ前に。
もっと早く見つけてほしかったもんだ。はやくしてほしい。

クリックよろしくお願いします。

テーマ:WindowsXP - ジャンル:コンピュータ

Windows7に賭けてみる?

WindowsVistaの次がWindows7みたいなんですが、こちらは3年のタイムフレームとして開発が進められているみたいですが、WindowsVistaを避けてWindows7にするかしないかなんです。

Windows7なんですが、ほとんど情報が今のところなし。だから、本当にどういうOSになるのかはベータ版までのお楽しみといってしまえばそれで終わりなのですが、そんなんで言い訳がありません。なにしろXPが登場したのは5年以上前の話ですし、そちらを使い続けるのもセキュリティ面などさまざまなところで問題があります。対にVistaでも快適性での問題がありまして、我々は厳しい状況に立たされているのではないでしょうか。でも、XPを使い続けるには避けられない問題もありますし、Vistaでも避けられない問題があります。

そこで、今日は新パソコンを購入するときに快適ではないVistaを選ぶべきかXPを選ぶべきかについてです。Vistaを選ぶと、当分Vistaを使うのではないでしょうか。何しろ値段が格安とはいえませんので。一方XP搭載PCにすると価格も安く、次のOSが出たときにそちらに変える場合があります。
なんか意味不明になってきたと思いますので、要約します。
Vista搭載PCを買う=こちらを当分使う。
XP搭載PCを買う=Windows7など、さらにレベルが上がったOSにする必要がある。

断言はできないと思いますが、XPを当分使い続けるには先ほどいいましたようにセキュリティ面でも問題がありますし、OSの基礎からいうとVistaの方が安全です。(快適ではないけどね) そして、Windows7もVistaの後継のOSのためあ同じように基礎がいいと思います。そのため、XPからWindows7にする可能性が大いにあると思います。

しかし、そんなWindows7の開発スケジュールがVistaのように伸びたりすると、XPユーザーはさらに不安になります。また、Vistaのように重くなってしまうと損した気分になると思います。

ということで、あなたはWindows7に賭けますか?
賭ける人はWindowsXPを買う・使えばいいでしょう。
賭けない人はWindowsVistaを買う・使えばいいでしょう。

管理人は賭けます。そして、今よりもっと快適になることを・・・。

すみません。今日も長くなりました。どうしても調子に乗って長くなります。
その割には記事はしょぼいですが、クリックよろしくお願い。

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Vista SP1 インストール成功

WindowsVista ServicePack1のインストールが昨日の夜、成功しました。パチパチ

それも、記事番号60の記念にピッタリの私にとっては御めで鯛話になりました。(御めで鯛⇒おめでたい ですよ。)

で、あえてメモリ1GBのパソコンにインストールしました。2GBのはまぁ1GBにくらべ快適に動くからね。
だって、推奨条件パソコンでVista SP1が快適に動くかを試してみたかったからね。

2GBのにインストールしようと思ったが、あえてのあえてで1GBに。

で、1GBでもSP1適用前と比べ、エクスプローラ等がきびきび動くようになりました。ファイル転送が早くなった感じです。あと、起動してから快適に動くようになるまでの時間が少し早くなった気がします。

もう1台にもインストールしようと思いますが、なにしろインストールにかかる時間は1時間は軽く超えたね。2時間弱かな。でも正確に図ってないので、1.5時間ってことにしよう。

これから、Vistaを利用しよっかなぁ? でもXP SP3がでたら絶対にそっちになるんだろうな。

ちゃ~んとVistaSP1になってるよ。

WindowsVista SP1


クリックよろしく。順位が順調にUPしてきてますので、テンション↑↑

テーマ:Windows Vista - ジャンル:コンピュータ

SP1公開。

WindwosVistaって、Securityが強化された。その反面、快適性が大幅に失われてしまった。と、Microsoftもみとめている。ということについて本当か?とも思う。

で、今日は、そんな「WindowsVista」のSP1がリリースされた。

で、こんだけです。私はVista・XPのデュアルブートで、XPからVistaにしてインストールしたいと思います。

では、無事インストールの成功を願っていてください。

では、はじめたいと思いますので。今日のブログはこの辺で。

テーマ:Windows Vista - ジャンル:コンピュータ

Vista SP1 ボリュームライセンス向けに提供開始

ボリュームライセンスユーザー向けに、「Windows Vista SP1」が公開されました。われわれ一般向けにも3月から提供されます。が、一足早くVista SP1を体験した人たちからのレポートを足早に紹介します。

ITproがSP1適用後と適用前での性能を比較してくれました。私がその比較データをもとにグラフを作ってみました。下に図を用意しました。

Vista Vista SP1


ファイルの圧縮、圧縮ファイルの展開の2つの操作の比較データですが、結構体感できるほど高速化されているそうです。図を見たら一目瞭然です。ではなぜでしょう。

その答えはすぐわかります。SP1適用前のVistaでは、「残り時間を計算しています」が表示され、その処理時間が結構かかったもの。適用後ではこの処理実行後すぐに時間が表示され、作業に取り掛かるということ。つまり、計算時間が高速化されたことによってこんなに大きな差が生まれたということ。

実験によると、コピーでの大きな差は出なかったらしいが、大容量のファイルをコピー・移動するときに差がでると私は推測している。なにしろ、10MBぐらいのファイルなら適用前でもそこそこのスピードがあり、計算時間もすぐに終わっているのである。しかし大容量になるほど計算時間が長くなっているため、そこで大きな差が出るのではないだろうか。

Microsoftによると、SP1適用後の高速化は、使用しているハードウェアに
依存しているとのこと。また一部のハードウェアでは正常にSP1が適用されないことがあり、ドライバの問題としている。ドライバ類を再構築すれば通常通りみたいで、今後のVista SP1プリインストールPCも問題ないなるとか。このハードウェアの問題を全力で取り組んでいるようで、余裕をもって3月中旬というリリースになったみたいだ。いずれにせよ、問題なく適用できればいいのだが。

今日もクリックお願いします。

テーマ:Windows Vista - ジャンル:コンピュータ

Vista SP1 もうすぐ

なんですが、3月ですのであと1ヶ月の辛抱です。

こちらによると、ファイルの移動等が最大で50%も高速化されるそうですが、果たしてそんなのありえるのか?使う前に難癖つけてても意味ないが、さすがに50%という数値はどうかと思いますねぇ。スリープからの復帰が速くなるのは、私はもともとシャットダウンはですので関係ないです。PCからはなれる時も、確かWindowsロゴ+Lでロックして、ディスプレイを閉じるか電源を切るだけ。これで私は十分です。スリープなんて。寝る前はシャットダウンしたほうが結果的に次クリーンな状態でやれるんですよ~。

SP1はもうすぐです。その前にServer2008ですが。

今日もクリックお願いします。

テーマ:Windows Vista - ジャンル:コンピュータ

XP対象の自動更新でIE7が提供

今世界で1ばんよくお目にかかるOSはWindowsXP。個人での利用をはじめ企業、さらには学校までその利用者の数は膨大な数です。そんなXPにいよいよ、IE7が自動更新で提供されるときが近づいてきました。

その日にちは、2月13日水曜日

だとか。別に私のようなVistaユーザーには関係のない話だと思いますが、実はそうとは言い切れないのが今の社会の現状です。なぜか?それは、ほとんどのWebページはXP標準搭載のIE6で一番正しく表示できるように設計されているからです。ということは、IE7やFirefox、OperaやSafariなどのブラウザでは正しく表示されない場合も少なくはありません。これがIE7になるとどうなるのかはお解りになられましたね?そう、IE7で正しく表示されるようになる可能性があるのです。Vistaユーザーには少しうれしいでしょう。なぜかというと、IE7ではIE6と同じようにWebページを表示させてくれません。困ったものです。より標準化されるための第一歩とMicrosoftさんは言っていますが、Webページ制作者側としてはどうでしょうかね。私のようなブログ製作者も考えたいところ。

また、完璧なる終わり方をしていない記事になりましたが、少し気になる記事でした。以上です。クリックも忘れずに↓↓↓・・・

テーマ:WindowsXP - ジャンル:コンピュータ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。